蜂谷隆之:てっぱつ 黒

・てっぱつ 黒 Φ11.7×h7.2cm
「てっぱつ」 僧侶が托鉢に用いる鉄鉢がもともとの由来。
応量器としても知られているこの形。
口縁がほんの僅か、、内向きに締まる形。
手を添えてみると、底の部分は2cmくらいあるのではないかと
思うほどの木の厚みが感じられます。
ぽてりぽてり・・としたこの感触、お料理をいただく時には
存分に味わっていただけることでしょう。

蜂谷隆之
1970年 神奈川県横浜市生まれ
1993年 輪島 瀬戸国勝氏に師事・宮口一男氏に師事
2003年 千葉県栄町にて独立
2006年 栃木県益子に移住
2018年 静岡県河津町に移住

漆器:ご使用方法について
・漆製品は抗菌作用がありますので水洗いか、ぬるま湯で洗っていただくので十分です。
・油汚れ等、落ちにくい汚れがある場合は柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってください。
・洗った後は、柔らかい布で拭きあげてください。
・直火、電子レンジ、オーブン、食器洗浄・乾燥器でのご使用はしないでください。
・保管される時は、直射日光があたらないところに置いてください。

シンプルなデザインで上質な漆器を制作されています。
「お料理を盛る、洗う、拭きあげる。」
これを繰り返すうち、漆独特の透明感のある艶が増してきます。
ゆっくりと年月をかけて育っていく器は
やがて宝物のような存在になっていることでしょう。

*ご利用のブラウザーやモニターによって実際の色と多少異なることを、
 あらかじめご了承ください。

*配送時の破損以外で、個体差の好みによる返品・交換は応じかねます。
どうぞご了承くださいませ。

*お客様のご都合による返品の場合
往復の送料と返金の際の手数料を頂戴いたします。
蜂谷隆之:てっぱつ 黒
¥ 8,000円(税抜)
在庫数 :
4
購入数

カテゴリーから探す

作家名から探す