鶴野啓司:藁灰釉ぐい呑A

藁灰釉ぐい呑A Φ6.5×6cm 容量:8分目で約100cc
4合瓶からそのまま注ぐにも良い大振りサイズ

ひとつひとつ土を選び、釉薬を選び、焼き方を考えて生まれる鶴野さんの作品。
自らの意思を土と炎に預けることで唯一無二の焼き物が生まれます。
自然界で当たり前に存在する土。 
陶芸家にとって、それは当たり前ではないのでしょう。
山肌に隠れるように在る土を見つけ、触り、焼いてみたいと心がはやる。
裏切られることもきっと多いのではないでしょうか。
けれどこんなに正直に美しく焼けた器を最初に目にすることができる作り手は
やはり幸せ者だと思ってしまうのです。

鶴野啓司
1967年 栃木生まれ
1990年 東京工芸大学画像工学科卒業
1993年 栃木県窯業指導所入所
1994年 栃木県益子町にて薪窯築窯 独立
鶴野啓司:藁灰釉ぐい呑A
¥ 5,000円(税抜)
在庫数 :
1
購入数

カテゴリーから探す

作家名から探す