青山幸雄:鎚目漆小皿

・鎚目漆小皿 9×9×h0.4cm

やや小ぶりな、手のひらサイズの小皿。
縁はわずかに立ち上がっています。
凹凸(鎚目)をのこしたあと、仕上げに漆を薄く塗ることで
平坦な銅板が、豊かな表情に。
グラスや染付の蕎麦猪口も似合います。
菓子皿、おつまみ皿にもなります。
漆仕上げなので、緑青(ろくしょう)も出ません。
なかなか日常では見かけない素材感!
使い方も模索しながらお楽しみくださいませ。

青山幸雄
銅工/copper smith
銅を素材に 鍛金の技法を用いて制作。
銀箔、漆との組み合わせで独自の表現をしている。

熱伝導率の高い銅という素材から制作される
冷酒器、ビアカップは冷たい飲み物をより冷たく感じさせてくれる。

愛知県出身 愛媛県在住
東京学芸大学 教育学部 美術教育専攻 工芸専修卒業
東京学芸大学大学院 修士課程 美術教育専攻終了

*銀箔、漆を用いた作品について
電子レンジ、食器乾燥洗浄機のご使用はお避けください。
ご使用後は柔らかいスポンジで洗い、水分を拭き取ってお片付けください。
青山幸雄:鎚目漆小皿
¥ 3,000円(税抜)
在庫数 :
1
購入数

カテゴリーから探す

作家名から探す