稲村真耶:鳥と花文船形皿

なんとも可愛らしい、春を感じさせてくれる染付の船形皿。
1人分のお刺身を盛り付けたり、小鉢として重宝します。
・鳥と花文船形皿 W18×D10.5×H3.5cm

磁器土にほんの少し陶土を加えることで、青みを帯びてきます。
さらに、陶土に含まれる小さな石のあとや鉄点も焼成後にあらわれます。
張りつめた白磁とも違う、柔らかい表情をした稲村さんの磁器。
丈夫であり、お手持ちの陶器やガラスの器ともしっくり馴染みます。
日々自然と手に取っている、そんな器量の良さが魅力的です。

稲村真耶
1984年 愛知県常滑生まれ
2003年 愛知県立常滑高等学校 セラミック科卒業
2005年 愛知県瀬戸窯業高等学校 陶芸専攻科修了
      陶芸家 藤塚光男氏に師事
2009年 京都鳴滝にて開窯
2010年 比叡坂本に築窯

ものを作るのが好きで、土でカタチを作ることにあこがれてこの仕事をはじめました。
そして磁器や土もの”やきもの”の持つ魅力にとりつかれ、日々良いものを目指し探求の毎日です。
暮らしに寄り添い、溶け込み、空気のような「うつわ」。
ただ毎日「うつわ」を作っていきたい。
料理を盛りつけた時に一番美しく見えるように、
毎日使っていても飽きがこない、シンプルで使い易いうつわ作りをこころがけています。

稲村真耶さんの工房。








稲村真耶:鳥と花文船形皿
¥ 4,000円(税抜)
在庫数 :
3
購入数

カテゴリーから探す

作家名から探す